動物病院

犬も人間と同様の病気にかかる~盛大なセレモニーで送りだそう~

ペットと治療について

人間と同じように犬も病気になることがあります。ガンを患うと危険なのでしこりが発生した時にはクリニックに連れて行きましょう。

避妊手術で予防が出来ます

医者

避妊手術や去勢手術を受けておくことで、犬の病気はある程度防ぐことが出来ます。特に雌犬の場合には、手術を受けることで子宮や乳腺の病気の発生をかなりの確率で抑えられるというのが定説です。避妊手術を受けていない犬が高齢になると、子宮蓄膿症や乳腺腫瘍に罹患しやすくなります。発見が遅れると命に関わるケースもあり、早目の対処が大きな意味を持つのです。 このような手術は、出来るだけ早い段階で受けておくことでメリットが大きくなるとされています。従って、以後の繁殖を希望しない場合には早目に動物病院で相談してみるのがベストなのです。犬の年齢が若いほど手術からの回復も早くなります。一旦病気が発症してしまうと、手術も大がかりになる傾向があるため負担も増大するのです。

ペット保険も役立ちます

人間同様に、犬の場合にも長い間には様々な病気にかかることがあります。ペットの医療には通常の保険が適用にならないため、全額自己負担となるのが一般的です。最近ではペット専用の保険が登場しており、医療費の一部を保険でカバー出来る場合があります。犬を飼い始めたら、例えばこういったペット保険の加入を考えてみることも一つの方法なのです。 ペット保険は、加入時の年齢によって掛け金が変わってきます。保険を扱う会社に問い合わせれば、このような掛け金のシュミレーションを具体的にチェック出来ることがあるのです。ですので、まずは情報収集をして保障内容や加入条件などを確認しておくと、保険加入が必要か否かも含めて考えることが出来ます。

トイプードルやミニチュアダックスフンドを購入したいと考えている人は、サイトで子犬を探すようにしましょう。

お別れの大切なセレモニー

犬

亡くなったペットとのお別れをする葬儀には家族葬プラン、通夜プランをはじめ、教会式、仏式、散骨式などさまざまなプランがあります。出張で葬儀や火葬を行うセレモニー、ネット霊園、メモリアルグッズの作成なども人気で、今後もオリジナルのセレモニーのニーズはますます高まっていきそうです。

Read More...

遺骨の供養方法について

犬

ペット葬儀業者の中には、火葬に付したペットの遺骨を置物に加工してくれるサービスを提供している業者がいます。置物に加工すれば、リビングなどにずっと飾っておくことができます。また、ペンダントやストラップなどに加工してくれる業者もいます。

Read More...

実は重要な健康要素

医者

犬にとってシャンプーは、飼い主との清潔な触れ合いを維持し、健康であり続けるための重要な習慣です。しかし誤ったシャンプーはかえって犬を病気の危険にさらしてしまいます。それぞれの犬に合った正しい頻度でシャンプーを行い、特に最近が溜まりやすい場所は用心深く洗うなどの気遣いをしてあげましょう。

Read More...